視力回復 レーシック

ダイエット
人気ランキング

アイトレーニング

ホーム > 目の周りの筋肉のコリを解消する

目の周りの筋肉を解消する方法

私は10年前までは視力がとても良く、目に関しては何も不自由を感じたことはありませんでした。
小学校で机を並べて座るときでも、一番後ろに着席をする事が多く、黒板までの距離が離れていても不自由なく黒板の文字が見えるくらい、目に対してはまったく意識をした事がありませんでした。

当時の視力は、右が2.0で左が1.5でした.

その後、月日は流れ運転免許を取得できる年齢になり、ドライブスクールに入所する前に視力検査があり、
検査機を覗く事もありましたが、まったく抵抗も無く、見えて当然と言う気持ちがあり、構えた事がありませんでした。

もちろん一発で審査にも通り数年間は気にもしていませんでした。

ですが、10年ほど前の運転免許の更新の時に、自分の目の状態を疑う事がありました。

いつも通り、更新センターに訪れたときに、目の検査を受けたのですが、検査窓を覗き指示に従って、上、下、右と答えて行き、何の意識もしていなく余裕だと思っていたのですが、最後にこれは、って聞かれたときに、ぼやけて見えて分からない状態でした。

一瞬まずい、と思いましたし、初めての体験にどうしようと思いました。

そこで適当に上と言うと違うと言われ、下と言うと違うよと言われ、最後に下と言うと、OKですと言って通してくれました。警察の方も、なるべく通してやろうと言う気持ちが強く、少々は良いだろうと言う気持ちがありました。

その後、無事に免許をもらい安心しましたが、自分の目の事が気になりだし、眼鏡屋さんで視力を測って貰いました。すると、以前は右目が2.0でしたが0.4まで下がり、左目が1.5から0.2まで下がっていました。
正直びっくりしましたし、こんなにひどいとは気が付きませんでした。

これには事情があるのですが、普段の生活では不自由が無いからです。
テレビも普通に見えますし、パソコンに至っても良く見えます、スマホも文字も本も良く見えます。

つまり不自由を感じていないので目の状態に気が付いて居なかったのです。

これ以上視力が落ちても困るのでメガネかなと思ったのですが、トレーニングによって回復する可能性があると聞き、実践してみる事にしました。それは遠くを見る事で固まってしまった、ピントを調節する目の筋肉の凝りを解す方法です。外に出た場合、遠くのビルを見るようにしたり、信号も手前を見るだけでなく、3つぐらい先の信号を見るようにして、なるべく遠くを見るようにしました。後は空を眺め、雲の動きを見るようにして遠くにピントを合わせる練習をすると、一ヶ月程で劇的に視力が回復をして、右目が0.9左目が0.6まで回復しました。

パソコン、スマホ等を近場で見る機会が増えていたので、そこまでの距離に目の筋肉がピンとフリーズをしていた為に、焦点が合わなくなっていたみたいです。遠くを見てピント調整を頻繁にするようにすると、凝りが解され回復する可能性があると思います。

戻る