視力回復 マジカルアイ

ダイエット
人気ランキング

アイトレーニング

ホーム > マジカルアイ

マジカルアイで視力回復。

子供の頃、テレビを観る時に「余り近くで観ない事」と良く叱られた記憶があります。まだブラウン管のテレビの頃です。案の定その後、眼鏡にお世話になる事になりましたが、眼科に通い様々な治療をした記憶が有ります。その一つ一つは明確に覚えていませんが、点眼薬を用いたり、特殊な機械を使って眼を温めたりして治療した事を覚えています。効果の程は何とも言えません。

さて、視力の矯正は「眼鏡」に頼る事になった訳ですが、視力回復に関しては、「遠くの山を見なさい」「緑のものを見なさい」としか言われませんでした。古典的な方法なのでしょう。疲れた眼を休める。そんな事の典型的な伝承技術みたいなものでしょう。具体的な確証も何もありません。無論、効果の程も。

眼科に通っていた時や眼鏡を新しく作りかえる際には「ワック」を少しだけ利用しました。眼の筋肉の調節機能を回復する方法として薦められました。しかしながら、やはり眼科に通わなければならず、金銭的な事も負担が大きい為にあえなく断念。その後、挑戦したのが視力回復に効果があるとされる立体画像の本「マジカル・アイ」。両目で焦点を交錯させて見つめると、本の模様が立体的に浮き出てくる趣向のものです。視力回復と言う視点で利用したと言うよりは、むしろ「本当に浮き出るのか?」と言う疑念の眼で見ていたように思います。最近では視力回復トレーニングの動画を観て、少しでも回復出来るように努めています。マジカル・アイの動画版です。

その他の方法としては、上記の様に眼を使って調整する・回復に努めるという方法ではなく、反対に眼を休めると言う方法も検討しています。例えば、眼の周りの筋肉をほぐしてリラックスさせるマッサージ、蒸しタオルを使って筋肉を緩めてあげる。血行を促進し、眼球の疲労から来るであろう首の筋肉を温めてリラックスさせてあげる。直接は視力の回復には繋がらないにしても、視力を出す工夫をしてあげる「ケア」も積極的にしています。ドライアイの傾向にあり、疲労感から頭痛がし始めるからです。専ら最近はケアの方に力点が移っています。

デジタル機器が普及して、眼を酷使する仕事を余儀なくされている昨今、視力の低下や眼球に過度に負荷をかけない生活を心がけたいものです。ひょっとすると、その一つが「遠くの緑の山を見ること」だったのかも知れません。筋肉に例えると疲労して炎症を起こしているのと同じ事なので、場合によっては積極的に眼を休めてあげる事も大切な事ではないかと思います。

戻る