視力回復 レーシック

ダイエット
人気ランキング

アイトレーニング

ホーム > レーシック

レーシックで1.2まで視力回復

レーシック手術を受けて、視力を回復させました。小学5年生の頃から小説を読むことや長時間ゲームなどをして、かなり目に負担をかけた生活をしていました。こんな生活をする前は両目とも視力1.5という良く見える目でしたが、見る間に視力は下がっていきました。本当は視界がかすんでいるような、少しぼけたように見える段階の仮性近視の時にきちんと病院へ行けばよかったのです。

でも、病院嫌いと言うことと、まだ0.8の視力があるのだから大丈夫だとたかをくくって病院へ行きませんでした。やがて0.8あった視力も、中学1年生の頃にはメガネが必要なほどまで低下してしまいました。

裸眼でスポーツは出来ましたが、小さなボールなどを使う球技のときはボールが二重に見えたりして、不便さを感じるようになりました。高校生の時になってやっとコンタクトを使用することになりました。この時には裸眼ではものがしっかり見ることは出来ず、24時間メガネかコンタクトを使用する生活になっていました。それなりに視界の悪さには慣れていましたが、視力をどうにかしようと思ったのは子どもが生まれてからでした。

母親になったせいか、地震や火事の時にメガネが無かったら子どもを守れない、と急に考えました。そのため、思い切ってレーシックの手術を決意しました。手術自体は短時間で終わったのですが、術中に完全に視力を奪われる段階で、うまく眼球を光の方へ合わせられなくて困ったりもしました。それでもほどなく手術は終わり、直後の目の痛みは数時間後には解消されて、それと同時にメガネを使用せずに前が良く見えるようになりました。メガネやコンタクトをついに決別した瞬間は、本当にうれしかったです。

これで何か起きても目で困ることはないと安心もしました。術後翌日に視力検査をした結果、視力は1.2まで出ていました。裸眼できれいな世界にまた戻ってこられた喜びは大きかったです。施術してすでに6年が経過しましたが、いまでも視力は1.2のままです。

レーシックをしようか迷っている人がいれば、断然受けるべきだと思います。手術費用を考えても、それ以上のものが手に入るのですから

戻る